2021年5月28日〜30日にかけて、携帯電波も遥かに届かない山の奥のその又奥でソログループキャンプ(グルキャン)してきました。
そこはまだブナ林が新緑真っ盛りで、3日間良い天気にも恵まれてとても気持ち良いキャンプでした。

ソログルキャンとは各自が夫々近くでソロキャンプをするスタイルです。このコロナ禍ですから、1つのテーブルやBBQコンロを囲ってのおしゃべりなどはしません。

この場所は長年JCJ埼玉メンバーがこの時季に山菜採りに行っているところで、今年はそれに合わせてキャンプしようという話になりました。

密の自粛は大切ですが、引きこもっていては心身に支障を来しますからね。

沢山撮った中からいくつか。
※写真は時間順ではありません。

青空と新緑、そこに映えるミントコンディションのSJ30
ここでキャンプしたのは2人
山はまだ春が来たばかり(オオカメノキの花)
山菜採りの2人も到着
少しだけ山に入ったところでは開拓時代スタイルに拘る2人もキャンプ
山菜採りに出かけます この辺は国有林とのこと
急峻な山が待っているとも知らずにまだ笑顔
帰って来るまで勝手にジムニー撮影会
採れたばかりのコシアブラを炒め物に
食事も各自で
食後のアウトドアコーヒーがたまらない
相棒との1枚
♬ c’mon baby, Light my fire ♬
ナイフ持ってニヤニヤするヤバいヤツ
焚き火に浮かぶSJ30
昼間暑くても夜の気温は1桁
キャンプ、山菜、渓流釣りと人の出入りはそこそこある
帰りは写真を撮りながらのんびりと
こんな滝がいくつもありました

ブナ林の黄葉も見てみたくなりました。秋にもぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です